パッシブ・デザインについて

「低燃費で快適に」暮らせる家の大きな要素として、自然エネルギーをうまく利用すること。
そのために気象データ、日射のシミュレーションなどを勘案して「家のカタチ」をデザインすることが必要です。

パッシブデザインの土台は断熱効果を強化する事。

ここがないと、パッシブデザインは始まらないと確信して言います。

冬のパッシブデザイン

太陽の日射を多く取り入れる。その熱の一部を蓄熱させることで更に暖房費の節約になる。

夏のパッシブデザイン

太陽の日射を遮蔽する(入れない)
冬とは真逆の条件ですが、日射遮蔽が成功すれば高断熱住宅は夏も威力を発揮します。

温度差の利用

夜から朝(グラフデータ有り)
この時間帯は外気温が室内温度より低い日が多いので、エネルギーを使わずに外気の風、窓の高低差などで、自然な流れを利用して室内に外気を入れる。
シンプルな仕掛け=省エネルギーで外気を取り込むことができる仕掛け(イラスト有り)

自然風の利用

窓からの通風は、時間帯に吹く風の特性(卓越風)を調べて窓の位置と窓の開き方を選択してデザインする。
ストレスを軽減して節電にも貢献できます。(イラスト、データ有り)

低燃費で快適な暮らしは、「高断熱工法(Q1住宅)+パッシブデザイン」

これらは「三つを目指すにつながる」やなぎたハウジングのコンセプトです。

有限会社やなぎたハウジング
栃木県真岡市阿部品572-1
TEL:0285-74-4655
FAX:0285-74-4657
info[@]yanagitahousing.com

トピックス

クリックで詳細へ»
クリックで詳細へ»

社長ブログ

『Q』です。 3年後・・・
『Q』です。 3年後・・・
こんなになりました。H28年2月
こんなになりました。H28年2月