マンガ:リフォーム日記

2015年

4月

12日

断熱リフォーム 真岡市K様インタビュー

Q1 リフォーム前に困っていたことは何ですか?

冬はものすごく寒く、夏はものすごく熱い家でした。(外気温から±4〜5℃)動線がとても悪く、使いづらい。


築35年で、水回りの老朽化が激しかった。


  • トイレ
    水洗和式で段差あり。ポータブルをかぶせて使っていたので、足が届かない。 

  • 風 呂
    寒い。壁が漆喰だが、10年ぐらい前に大量にはがれた。

  • 洗面所
    窓もないため暗いし、換気扇もないため湿気が多く、床を一度張り替えた。
    玄関の真正面に位置していたため、来客の視線が気になる。
  • キッチン
    広いが、収納しづらく不便な設備。窓やドアの位置が悪く、食器棚や
    家電収納の位置も使いづらく感じていた。

廊下やキッチンの床が抜けそうだった。

大震災後、茶の間の柱が明らかに曲がっていて怖かった。

Q2 高気密高断熱への改修工事について聞いて、初めはどう思いましたか?

正直、聞いただけではよくわかっていなかったと思う。

実際できあがった新築の現場も見学したのですが、目的を考えずに見ていただけだったので、デザインや仕上がりばかりに気を取られてしまっていました。

なので、断熱については「リフォームするんだから今までよりは、あったかいんだろう。」くらいの認識でしかありませんでした。

Q3 ではなぜ断熱改修工事を決心できたのですか?

社長や設計士の弟から、「せっかくリフォームするなら断熱気密の改修工事を含めたほうがとてもメリットがあるよ。」と前から言われていたからです。

Q4 今、お住まいになって半年以上たちましたが、住み心地はいかがですか?

正直、ここまで温度環境が快適になって、生活がよくなるとは思っていなかったです。住んでみて初めて高気密高断熱住宅の良さがわかりました。


この良さが住んでみないとわからないのが、今ではもどかしく感じるほどです。さらに、うちは入母屋造りの農家住宅なので、そもそもこういう工事ができると思っていなかったんです。周りがみんな設備を新しくしたリフォーム工事が多かったので・・。


またうちは、付加断熱までしなかったのですが、シングル(充填)断熱でも、真冬の朝13℃はあるので体も楽ですし本当に満足しています。うちは部分断熱改修なので、快適さに差がありすぎて断熱してないところには本当に出たくなくなりました。昔は部屋ごとに区切られていたので掃除機かけが大変でしたが、ワンフロアみたいで開放的なので掃除もしやすくなりました。バリアフリーで、廊下も1mぐらい幅があるので動きやすいです。要所に機能的な収納も作ってもらったし片づけやすく家事がしやすい設計にしてくれたと思います。


茶の間には、ニチベイのスクリーンを入れました。レースとドレープの両方の機能を持ったスクリーンで、シンプルなデザインが気に入っています。このスクリーンは、上はレース地で光が入り、下は隠れるのでカーテンだと昼寝しているところを見られてしまうけど、不用意な姿を見られる心配もないです。社長や設計士の弟から「せっかくリフォームするなら断熱気密の改修工事を含めたほうがとてもメリットがあるよ」と前から言われていたからです。

 

アドバイス通り、キッチンやお風呂やトイレは、その機能を果たせれば十分だと感じています。高価でハイテクな設備機器にではなく、その分を断熱気密の改修工事にかけたので十分満足しています。希望を聞いてもらいながら、将来的な安心も得られ、リフォームを工務店という家づくりの専門家に任せてよかったです。

Q5 K様はリフォーム後、知り合いの方が見学に来たということですが、皆さんのご感想は?

もう200人以上見に来てくれましたが、うちより少し先に同じ入母屋の家をリフォームしたある人は、「こんなリフォームの仕方を知らなかった!ここを見てからやればよかった!!」と、何度も言っていたんですよ。


また、前の家との温度や間取りや内装のあまりの変化に、違う空間だと思ってしまうようで、「リフォーム工事ですよね」と言いながら玄関から新しい茶の間に入ると、なぜか「二世帯にしたの?」とか、「ここは増築したんでしょう?」と言われるんです。こういう反応が一人や二人ではないんです。「温度が一定で、きれいでホテルみたいだ。」とか、「うちと同じで北側にあるキッチンなのに、ここは明るいね」とほめてくれました。


また、夏の話ですが、前の家では部屋の温度が35度もありましたが、今ではエアコンの温度は28度に設定してすごしています。すぐに涼しくなるので気持ちがいいです。お客さんに冷房設定が28度だといったら、「28度なんて暖房温度だべ?!」と、びっくりしていました。そのお宅では冷房設定温度を16℃にしているそうです。

Q6 結露についてはいかがですか?

息子の部屋と、寝室の北側の小窓だけが結露します。

あ!吸気口が「閉」になってる!

換気に気を付けておきます・・・。

奥様の力作! 建具にもステンドグラス。
奥様の力作! 建具にもステンドグラス。

K様、たくさん答えていただき、ありがとうございました。

(有)やなぎたハウジング 設計・施工

0 コメント

2015年

2月

20日

リフォーム時に、断熱と耐震を考えてみませんか

一般の方、プロの方問わずです。ご来場お待ちしています。

2013年

4月

15日

N様 リフォームインタビュー 2013年4月

Q1.お住まいについてリフォーム以前はどのような事がお困りでしたか?

「キッチンからは、廊下に出ないと洗面所やトイレに行けなかったので、動線が不便でした。またキッチンは北側なので、寒かったし、暗いと感じていました。」

Q2.改善したかった点を教えてください。

  1. 家事動線の改善。暗さの改善。
  2. 孫が生まれたので、暖かい空間を考えました。DK,水廻りの断熱改修リフォーム。
  3. キッチン、トイレ、お風呂、洗面機器を一新。

Q3.上記の点は改善されましたか?

  1. 北側のキッチンのトップライトは付けて良かったです。明るくなりました。
  2. 真冬の朝、断熱したDKと、断熱改修していない茶の間とは、15℃も違います。
  3. 使い勝手も良く、きれいになりました。

Q4.断熱改修工事についてはじめはどのように思われましたか?

「正直、断熱改修工事なんて聞いてもあまり効果がないと思っていました。」

Q5.では、最終的に断熱改修をしようとお考えになったのはなぜですか?

「社長が熱心に勧めるので、やろうと決めました。」

Q6.断熱改善された空間と改修していない空間との温度差の違いはお感じになりますか?

「全然違う。例えば、真冬の朝に断熱していない茶の間は0℃ですが、断熱改修したDKは14〜18℃あります。だから今は家族がほとんどこのDKで過ごしています。
断熱したところは裸足で歩けますが、廊下はつま先を立てて歩くほど冷たいです。」

Q7.サーモスクリーンについて

「ダイニング東の窓を2重サッシにしてサーモスクリーンを付けたところ、ガラスから”たれる”ような結露が無くなりました。DKと茶の間の間に元の建具があるのですが、これには断熱性がないという事で、社長がハニカムサーモスクリーンを提案してくれました。

スクリーンを開けているのと、閉めているのとでは、温度がかなり違うのがわかります。両引きタイプで開け閉めも楽です。

ただ、東面のループ式のサーモスクリーンは両手を使わなければならず、下ろすまでに結構面倒だと思いました。小窓ならいいけど掃き出しの高さがあるならループ式じゃない方がいいと思います。」

Q8.リフォーム断熱改修して良かったと思いますか?

「断熱改修は、やってほんとに良かった。以前はこたつに、エアコン暖房、電気ストーブ(結露が嫌で、石油ストーブを使いたくなかった。)、重ね着をした上にゴルフのときに履く風除けのズボンなどを履いて厚着で茶の間にいました。

今はエアコンだけで、暖房を少しの間つければ温度が上がるので付けっ放しにすることもなく、ほとんど付けなくても大丈夫と感じるぐらいに快適ですし、消費エネルギーも少なくなったと思います。」

Q9.やなぎたハウジングについて点数をつけてみてください。

100点中 70 点

Q10.上記の理由をお聞かせください。

A「脱衣室は、今のDKよりは少し寒く感じます。廊下のドアから冷気が入ってきてしまうのだと思います。廊下も断熱ドアにすればよかった。」
「茶の間もやっておけば良かったかなあ。予算の関係上無理か?(ご主人)」

B「また予算もあるかもしれないけど、ドアを既製品のイメージでいたので出来上がりのイメージと違い残念。ドアの質やデザインがよければ100点。私たちは見えなくなるところよりも見た目も重視するので、既製品建具の見積もりも見せて頂いたうえで、『高くて駄目だ』と値段によって自分が決めたものであれば諦めがつくのですが・・。そこがマイナス点。でも、断熱のお仕事に関してはバッチリよ!」

社長より返答

Aについて

断熱戸が入っているのですが、完成前後に何度か説明していましたが、お客様に完全に通知できていなかったのは再度反省しています。

Bについて

既製品のイメージがお好みとわからず、壁の珪藻土にあった両面クロス貼りで提案して了解をいただいていたので、そこまで既製品の建具にこだわっていたとは知りませんでした。建具の決定は、予算というよりはリフォームの為、柱の位置、壁との関係など、既製品建具の決まった寸法で納めるのは難しい事が多いので、建具やさんの制作にしました。

☆ご協力誠にありがとうございました。

ご意見を参考に、今後の改善に努めてまいります。

有限会社やなぎたハウジング

2010年

7月

31日

リフォーム日記 通風 / 生活改善

通風 空気の流れは大切です!閉めきった家がすぐ荒れてしまうこと、ありますよね。

生活改善 長々と描いたのですが、リフォームには、コレが大事だと言うことですm(_ _)m

2010年

6月

21日

リフォーム日記 採光

台所は東や北、あるいは西にある家も多いですね。毎日使うのに大変な思いしている奥様も多いのです。

2010年

5月

24日

リフォーム日記 断熱改修?

リフォームすれば、暖かい家になると考えている方…けっこう多いのです。

0 コメント

2010年

4月

18日

リフォーム日記 検討 / 相談

検討 ご夫婦二人になった時のリフォームって?ある実例からマンガをおこしました。
相談 広い家を壊さず、どうやって夫婦2人の家にする?

0 コメント

2010年

2月

18日

さむい家でかくれんぼ… / カラッと快適!

さむい家でかくれんぼ… ……知人の家は真冬、0℃以下になるという…。

カラッと快適! 高気・高断熱住宅なら、毎日の生活にお役に立てます!花粉症の人に朗報!

0 コメント

2010年

2月

17日

せっかくのリフォームだ・か・ら!

屋根や外壁のリフォーム時がチャンス!!あとで生活がこんなにちがうのです。

0 コメント

有限会社やなぎたハウジング
栃木県真岡市阿部品572-1
TEL:0285-74-4655
FAX:0285-74-4657
info[@]yanagitahousing.com

トピックス

クリックで詳細へ»
クリックで詳細へ»

社長ブログ

『Q』です。 3年後・・・
『Q』です。 3年後・・・
こんなになりました。H28年2月
こんなになりました。H28年2月