グラスウール断熱

色々な工法、断熱材で高気密・高断熱住宅を試してみましたが、コストと性能のバランスが伴った材質工法にたどりつきました。

当社では、グラスウール断熱を採用しています。

なぜ?

環境に優しい材料

グラスウールは80パーセントリサイクル品であり、生産時の二酸化炭素の発生量が他の断熱材に比べて低く、環境に優しい材料なのです。

有毒ガスのでない安全な不燃材料
グラスウールは、不燃のガラスを主原料としており、火災時の延焼防止に有効な耐火断熱材料です。また、燃焼時に猛烈な発煙や有毒なシアン系ガスを発生しないため、避難時の安全確保にも有効な建築材料といえます。

グラスウール ポリスチレンフォーム
製品の特徴 布団の綿のように細かい繊維が空気を動きにくくし、熱を逃がさない。 スチレンを発泡・成型したもの
長 所 不燃材料として認定されている。
吸音声防音性が高い。
柔軟性弾力性に富む。
・切断しやすく、軽く持ち運びに便利
安価である。リサイクル可能。
・吸水、吸温性が少ない。
・高い圧縮強度を持つ?
・軽くて弾力性がある?
・加工しやすく、取り扱いやすい。
短 所 雨・水に弱い。(施工中に雨水にさらさない注意が必要ですが、ぬれても2週間くらいで乾燥します。) ・火や直射日光に弱い。
・接着剤の選定に注意がいる。
・有毒ガスが発生する。
材料単価 (HGW16K 厚さ100mm)2,600円/坪 (B-3種 厚さ75mm)6,500円/坪

グラスウールについて分かりやすく説明されていますので硝子繊維協会もご覧下さい。

有限会社やなぎたハウジング
栃木県真岡市阿部品572-1
TEL:0285-74-4655
FAX:0285-74-4657
info[@]yanagitahousing.com

トピックス

クリックで詳細へ»
クリックで詳細へ»

社長ブログ

『Q』です。 3年後・・・
『Q』です。 3年後・・・
こんなになりました。H28年2月
こんなになりました。H28年2月