暮らしやすさの秘密 高気密・高断熱について

家の断熱性能を上げることと、プラス自然エネルギーを積極的に取り入れることで、低燃費で穏やかな住環境をつくることができ、住まう方の健康にも貢献することができるのです。

家の断熱性能を上げることと、プラス自然エネルギーを積極的に取り入れることで、低燃費で穏やかな住環境をつくることができ、住まう方の健康にも貢献することができるのです。

しかし、高気密高断熱住宅をつくり始めていつも残念に思うことがあります。それは、冬も夏も「弱く連続的な」冷暖房をすることをお願いしているのですが、夏は冷房せずに朝から晩まで窓を全開にして熱を家に入れ放題。冬は人のいる所だけを暖房して部屋間、廊下、トイレ、脱衣室などに温度差をつけるといった昔ながらの家での暮らしをしているのが見受けられます。
伝統として、DNAに組み込まれているのではないかと思うほど連続的空調は実行されていません。

最大理由は「もったいないから」だと思いますが、連続的な空調の方が低燃費で快適だと気付いているお客様もおられます。

北関東である本県は脳梗塞が多い事も知られています。味付けも濃いこともありますが、北海道の寒さ厳しい気候というわけでもなく中途半端な気候風土にあって、住環境に関しても中途半端な断熱施工の家がほとんどです。

そのため、部屋間の温度差、冬の寒さはつらいものです。北海道から引っ越してきた人の感想では「北海道の家の方が冬は暖かいですよ。家に入ってもこの寒さは向こうでは考えられない。」というのを実際に聞きました。

ですから、より断熱性能を強化されたQ1住宅は、この北関東で、上記の「もったいない」生活をしても温度差による体への負担・ヒートショックがない家として、お客様の健康と快適さ、省エネルギーに貢献する家づくりをしなければならないと考えます。

低燃費な家

弊社では設計時に断熱性能を数値化して、まだ形になっていない家の性能を確認することができます。家は様々な材料、設備、サッシなどの集合体ですので、予算に合わせて何を選択するかで、性能数値も違ってくるからです。

ですから予算とのバランスを考えつつ、断熱性能を優先させます。

例えばユニットバスやキッチンの交換はいずれ交換が必然で比較的簡単にリフォームできますが、断熱や耐震性能を後でリフォームすることはかなりのコストを覚悟しなければなりません

さらに、「温度のバリアフリー」といった快適さを求めながら光熱費を1万円/月以下にするには、エコポイント対象の断熱性能よりなんと4倍以上の性能が必要なのです。

この性能を持つ家を弊社では「Q1住宅」として建築しています。

結果、光熱費ゼロに近づくことになります。しかし〈支出〉の電気を使わずに暮らすことはできませんから、〈収入〉として太陽光発電を設置してゼロを目指す事になります。

健康面では

高断熱住宅では、サッシの結露は昼になると蒸発してしまう程度なのでカビダニの発生も少なく冬、夏の季節には体にストレスのかからない温度の住環境で、家の中の温度差が少ないなどの理由で病気の予防になることが、公的機関よりデータとして発表されています。

有限会社やなぎたハウジング
栃木県真岡市阿部品572-1
TEL:0285-74-4655
FAX:0285-74-4657
info[@]yanagitahousing.com

トピックス

クリックで詳細へ»
クリックで詳細へ»

社長ブログ

『Q』です。 3年後・・・
『Q』です。 3年後・・・
こんなになりました。H28年2月
こんなになりました。H28年2月